採用情報

キャリアステップ

未経験者からの、トップクラスのエンジニアへー 1人ひとりの成長のためのキャリアプランを用意しています。

アジアンリンクでは、未経験からトップクラスのエンジニアになるまで、スタッフ一人ひとりが成長できるキャリアプランを用意しています。入社から現場に出るまでには専門機関による充実した研修を提供。現場に出てからは先輩エンジニアのサポートを受けながら着実に経験を積むことができます。ほかにも、スタッフが成果を目指して努力するプロセスを評価する人事考課制度など、スタッフのやる気をしっかりサポートする仕組みを整えているので、長期的にキャリアアップしていくことができます。

1年目のキャリアステップ

基礎研修期間は、インフラ研修やシステム開発研修を通じてシステムインテグレーターに必要な知識をじっくりと学びます。その後、実例の説明や模擬案件演習など、現場で使えるノウハウをみっちり学ぶと、いよいよ現場デビュー。研修の成果を発揮するチャンスです。

POINT CCNA、CCNPとは?

CCNAとは、ネットワーク機器を扱うエンジニアのスキルを認定する資格です。ネットワークを構築、運用するだけの実践スキルが身についていることが証明されるもので、ネットワークの現場で働く技術者や管理者にとって必須の資格ともいえます。CCNPはCCNAの上位資格で、さらに上流を目指すエンジニアのための資格です。大規模なネットワークやインターネットサービスの運用に必要なシステムの構築、管理、運用をできる能力が証明されるため、ネットワーク業界で活躍するための大きなアドバンテージとなります。

2年目以降のキャリアステップ

現場にデビューした後は、先輩エンジニアのもとで着実に経験を積んでいきます。いろいろな案件に触れ、実践を通して最新の技術に触れることで、着実に成長することができます。また、各種セミナーを受講したり、上級資格にチャレンジして、更にスキルを磨けば、チームリーダーからプロジェクトマネージャーへステップアップすることも。頼れるエンジニア、頼れるマネージャーへと成長することができます。

人事考課・評価制度について

アジアンリンクでは、研修や教育制度と平行して、人事考課・評価制度でも、スタッフのやる気をサポートします。目標に対する業績の評価だけでなく、成果を上げるためにスタッフがどういう行動をしたかというプロセスも評価。スタッフの努力や意欲を大切にします。また、スキルや評価に応じて6つの社内キャリアを用意し、スタッフのステップアップを支援します。社内キャリアでは、チームのミッションを遂行する「ジュニア」「チーフ」、チームを統括する「マスター」、専門分野で知識を活かす「スペシャリスト」、複数のチームを統括する「ディレクター」、事業部を統括する「エグゼクティブ」へと進みステップアップします。

募集要項を見る

ページトップに戻る